'写真'タグ付きの投稿

土星に巨大な嵐

巨大な嵐は3月15日に、探査機カッシーニが嵐のいくつかの印象的な画像を撮影しており、土星にヶ月間続けられています。 嵐はこれまでに観測され、土星に嵐によってカバーされる領域よりも500倍以上の面積をカバーしています。 探査機カッシーニは、[...]約190万キロの距離から写真を撮っています

宇宙の新しい3D地図

ポーツマス、イギリスの大学の天文学者は、宇宙の中で最も完全な3D地図を作成しました。 空の95%をカバーしており、アメリカの天文学会の議会218esimoに提出されたマップは、約45 000の銀河を含む、地球380万光年内の全ての目に見える構造を示しています[...]

アマチュアカメラマンは37440ショットで天の川をキャプチャ

ニックRisinger、アメリカのアマチュア写真家は、彼が地球のさまざまな部分から過去の月の間に取っただけでなく37440枚の写真から天の川の完全な画像を再構成することができました。 Risingerは人以上37 000写真を実現するために、南アフリカへの米国から移動し、[...]

ダブルソーラー噴火

昨日、1月28日、太陽力学観測所(SDO)が太陽表面に二重の噴火を撮影しています。 2の噴火は、太陽の2の反対の点でほぼ同時に発生している。 太陽ダイナミクス天文台は太陽を研究する2010年2月にNASAが打ち上げ宇宙望遠鏡でいる[...]

その星のとりこプラネット

その星のとりこ惑星は、ハッブル宇宙望遠鏡、宇宙起源分光器(COS)の新しい楽器のおかげで確認されている現象である。 天体や星間物質の移動があったという現象は、すでに知られていたが、過去にそれが唯一のペア間で観察された[...]

太陽爆発

太陽ダイナミック天文台(SDO)、太陽を研究する、今年2月に打ち上げ宇宙望遠鏡のおかげで、米航空宇宙局(NASA)は、太陽プロミネンス(太陽プロミネンス)の画像を撮影しています。 画像の一つとして選択されている「一日の天文学ピクチャ」。 ビデオもあります

ワイズ、最初の画像

数日前に望遠鏡ワイズ(広視野赤外線調査エクスプローラ)によって得られた最初のイメージを広げた。 ワイズは、その目標に星、銀河や惑星系の起源を理解するために、赤外線で空のマップを構築することである2009年12月14日に発売し、赤外線望遠鏡である。 期待の期間[...]

ハッブルは2小惑星の衝突を撮影した

ハッブル宇宙望遠鏡は、初めて、2小惑星の衝突を撮影するために管理されている。 先週撮影した写真は、P/2010 A2と呼ばれるオブジェクト、および破片のロングテールを示した。 彗星のため、最初は間違えをして[...]このような彗星が太陽に近くを通過などのガスを放出していなかったことがわかる

ハーシェル宇宙望遠鏡からの最初の画像

ハーシェル宇宙望遠鏡で撮影した画像最初公開された。 ESA(欧州宇宙機関)のハーシェル宇宙望遠鏡は、フランスのガイアナ、クールーにあるギアナ宇宙センターからアリアン5ロケットに乗って5月14日に打ち上げられ、2011年または2012年にその使命を終了する必要があります。 [...]

月面偵察オービター、最初の画像

将来の月の遠征のための情報を収集することを目的としたプローブを最後に6月19日発売された月の偵察オービターは、月の最初の画像を送った。 LROは6月23日に月周回軌道に入った。 ルナ偵察オービターカメラ(LROC)として知られているLROの2室は、[...]を活性化した