武器、イタリア第二マーケティング

2008年イタリアでの米国議会の報告によると武器の第二マーケティング担当者だった。
米国はロシア人が立っていたイタリアからの偉大な距離で続いて、2008年に世界で最初の武器ディーラーを確認した。 2008年にイタリアの武器販売はロシアの33億円(前年同期は、2007年、武器の販売は10.8億ドルを受け取っていた)に対して37億ドルという数字に達した。
アメリカ人によって2008年に販売された武器の70%は、29.6億ドルの合計値のため、発展途上国の国々の手の中で終わった。
そして、彼らは2008年に世界的に販売されたすべての兵器のアメリカ製の68.4パーセントであった。

によると、検索SIPRI (ストックホルム国際平和研究所、平和研究のための国際研究所、ストックホルム)2008年の世界の軍事費は世界のGDPの2.4%に相当する1464000000000ドルに比べて4%増加したとなりました2007年と1999年に比べて45%。
ブッシュ大統領の8年の間に米国の軍事費は、第二次世界大戦のレベルに達している。
米国は世界の軍事支出の41.5%に相当する2008年、607万ドルの最高軍事費を持つ国です。 586億の推定コストで2位、そして非常に等間隔、中国、ほぼ850億ドルの見積コストが、フランス、657億ドルで、イギリス、65.3億ドル、ロシア、 、30億ドル382億、インドと406億と463億、そしてイタリアと468億、日本とドイツ、サウジアラビア。
イタリアで過ごした400億ドルはそれぞれ、それぞれ568ドルと361ドルですが、一人当たりの支出額未満フランス語、英語、アメリカ、1061年、ドイツと日本の一人当たりの支出額よりも高く、689ドルの一人当たりの支出に対応1070年と1967ドル。




彼らは米国の40億ドルの武器売却や利益300億ドルで首位のボーイング参照兵器の生産のための世界の10大企業、中では、場所はほぼ10でさえイタリアのフィンメカニカはありません武器の数十億ドルは、売却(2007年)と7.13億ドルの利益。



2008年には187000労働者(166000兵士や民間人21000)までにコミットさ見てきた60の平和活動がありました。 平和維持ミッションは115カ国を支援してきました、上位10参加国は、米国、フランス、パキスタン、英国、バングラデシュ、インド、イタリア、ドイツであった。


シェア:
  • OKNotizie
  • Wikio IT
  • Digg
  • del.icio.us
  • Google Bookmarks
  • Yahoo! Bookmarks
  • Live
  • Technorati
  • Diggita
  • Twitter
  • Identi.ca
  • Tumblr
  • Posterous
  • Facebook
  • FriendFeed
  • HelloTxt
  • Ping.fm
  • Suggest to Techmeme via Twitter
  • Diigo
  • MySpace
  • Yahoo! Buzz
  • MisterWong
  • MSN Reporter
  • Upnews
  • Segnalo
  • Fai.Info
  • LinkedIn
  • Propeller
  • SphereIt
  • Netvibes
  • BlinkList
  • blogmarks
  • DZone
  • NewsVine
  • Reddit
  • Simpy
  • Slashdot
  • StumbleUpon
  • BarraPunto
  • Blogosphere News
  • Sphinn
  • Netvouz
  • PDF

1つのコメント

1
2011年4月14日(木曜日) - 午前8時09分

[...] 2008年に持つ武器の世界有数のメーカーでは、海外で武器の売却による37億ドルの売上高であっても、ロシアを突破しました。 の生産に関連する業界[...]



返信を残す

:alien::angel::angry::blink::blush::cheerful::cool::cwy::devil::dizzy::ermm::face::getlost::biggrin::happy::heart::kissing::lol::ninja::pinch::pouty::sad::shocked::sick::sideways::silly::sleeping::smile::tongue::unsure::w00t::wassat::whistle::wink::wub: