ユーロ圏のGDPの秋

によると、 ユーロスタット 、欧州統計局、ユーロ圏諸国のGDPは2008年の同じ期間に比べて2009年の最初の4ヶ月で2.5%の減少となりました。 これは、ユーロ圏の誕生以来、最大の下落です。 欧州連合(EU27)のGDPの低下は、代わりに2.4%であった。
ユーロ圏のGDPの中で最も重要な低下は、スペイン1.9%、ベルギー、-1.6%で、フランス、オーストリア、オランダ、-2.8%、イタリアに続いてドイツ、-3.8%、-2.4%であり、 -1.2%。 欧州連合の残りの部分ではGDPの中で最も大幅な減少は、グレートブリテン、-1.9%のことです。
2008年第1四半期と比較すると、季節的には-1.7%(ユーロ圏)と-1.6%(全体 'で下落したGDPは、ユーロ圏の4.8%で、組合全体で4.5%下落した調整組合)前四半期に比べて。 イタリアでは、減少は5.9%であった。
2008年第4四半期の成長率はユーロ圏-1.8%と欧州連合(EU27)の国では-1.7%であった。 2009年第1四半期中、家計の最終消費支出は、ユーロ圏の0.5%とEU27で1.0%(前四半期ではそれぞれ-0.4%と-0.6%後)減少した。 投資は、ユーロ圏の4.2%とEU27で4.4%(前四半期の-4.3%から-3.5%後)減少した。 輸出は、ユーロ圏の8.1%とEU27で7.8%(-7.2%と前四半期の-6.5%後)減少した。 輸入は、ユーロ圏の7.2%とEU27で7.8%(-5.1%と前四半期の-5.4%後)減少した。
日本のGDPは減少に対して今年の第1四半期に4.0%下落した米国では、GDPは、(それは、2008年の最後の四半期に1 0.6パーセント減少しました)2009年第1四半期に1.5%減少し2008年の最後の四半期に3.8%。 雇用面で米国のためにも悪いニュース。 月には、それらはカットされた532000ジョブを民間部門では、これは第四連続の下落です。

社交的、シェアする!

社交的、シェアする!


返信を残す

:alien::angel::angry::blink::blush::cheerful::cool::cwy::devil::dizzy::ermm::face::getlost::biggrin::happy::heart::kissing::lol::ninja::pinch::pouty::sad::shocked::sick::sideways::silly::sleeping::smile::tongue::unsure::w00t::wassat::whistle::wink::wub: