地球の過去の小惑星の側を音をたててかすめ

午前14時44分今日では、直径40メートルの小惑星が地球から63500キロの距離で渡されます。
小惑星は、最近発見され、DD45と呼ばれていました。 その寸法は、その爆発広島を破壊した1,000原子爆弾の爆発に相当したと森の200以上平方キロメートルのこと、1908年にシベリアのツングースカ地域に落ちた小惑星に似ています。
あまりにも地球に近づく小惑星、地球オブジェクト(NEOを)は常に国際的監視システムで監視され近くに呼ばれる。
オンタリオdell'Universtitàの天文学者ピーター·ブラウンによると次の小惑星が地球の近くに地球に衝突の2.9%の確率を持っている小惑星Apophisを通過します。

社交的、シェアする!

社交的、シェアする!


返信を残す

:alien::angel::angry::blink::blush::cheerful::cool::cwy::devil::dizzy::ermm::face::getlost::biggrin::happy::heart::kissing::lol::ninja::pinch::pouty::sad::shocked::sick::sideways::silly::sleeping::smile::tongue::unsure::w00t::wassat::whistle::wink::wub: